見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・5月(皐月/May)
    ・26日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小満」から5日
    ┗「芒種」まで11日
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 くろ羊かん[新野屋]【くろようかん】


昔ながらの羊羹らしさを維持した
手作りの深い味わい






初代が「幼少より夢見た羊羹を作りたい」と、くろ羊かんを考案するとともに明治27年(1894)に創業。そのくろ羊かんは、 北海道産の小豆、沖縄産の黒砂糖など、吟味した貴重な素材を用いて、当主自らが一子相伝の技術で丹念に練り込み舟型に流す。出来上がりを一本ずつ包丁で切り揃えて包装。その際、真空パック加工はあえて行わず、生きている羊羹を世に送り出す。箱詰めされてからも呼吸を続け熟成するため、くろ羊かんは作って1週間から2週間ぐらいが食べ頃。きちんと甘く、舌ざわりはとろりとまろやかな、独特の風味を楽しめる。
地元米にこだわった米菓も同店の主流商品の一つ。中でも明治36年(1903)に生まれた網代焼は、くろ羊かんと並ぶ看板商品。吟味した越後米と海老粉を使用し、小魚の形にふっくらと焼き上げた香り高い一品で、お茶請けにもビールのつまみにもピッタリだ。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071736
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>北陸・甲信越>新潟県    >    くろ羊かん[新野屋]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play