見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・17日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から10日
    ┗「冬至」まで5日
    先負
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:28
    月名(旧歴日):二十八夜(にじゅうはちや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 豆寒天[銚子屋]【まめかんてん】


北から南から集めた吟味素材
本格的な甘味処の味を家庭でも






横浜・伊勢佐木町に店を構えたのは昭和10年(1935)。店名は初代が千葉県銚子の出身であったことに由来する。かつて銀ブラならぬ伊勢ブラという流行語まであったほどしゃれた街として人気のあった伊勢佐木町の一角で、甘味専門店として70有余年の歴史を重ねてきた。和風の店構えながら、帆船をあしらった紙袋などにレトロモダンの雰囲気が漂う。
その後成長を重ね、現在では寒天、ところてん、餡、蜜、ぜんざいなどすべて自社で製造販売。自慢の逸品は豆寒天。素材は寒天と黒蜜と豆だけとシンプルなだけに、絶妙な食感と風味が際立つ。寒天は伊豆諸島・伊豆半島産の天草を使用。浜ごとに特徴がある天草のそれぞれの良さを引き出すよう独自に配合。黒蜜は与那国島の黒糖を、豆は北海道JAふらのの自信作という赤エンドウ豆をと、使う素材をとことん吟味している。あんみつもロングセラー商品だ。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071723
    0
    しおり
  •      
  •      




◆「豆寒天[銚子屋]」がよく分かる関連まとめ


   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>関東>神奈川県    >    豆寒天[銚子屋]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産