見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・11日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から4日
    ┗「冬至」まで11日
    先負
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:22
    月名(旧歴日):下弦の月/下つ弓張(しもつゆみはり)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 麦落雁[三桝屋總本店]【むぎらくがん】


上州の肥沃な地が育む大麦を使い
六角形の紋様の香ばしい打ち物






江戸時代、大麦栽培が盛んだった上州にあって、三桝屋の初代・与兵衛は、それを生かした銘菓をと考えた。大麦を焙って粉にしたはったい粉の香りのよいのに着目し、最高級の砂糖である和三盆糖を合わせ打ち物にしてはどうか。というわけで誕生したのが麦落雁。文政元年(1818)のことだ。品がよく、侘び寂の風情をたたえたこの干菓子は茶の湯の席でも喜ばれ、広く愛好された。
三つ亀甲を3つ組み合わせた六角形が特徴で、小さくて食べやすく、口に入れるとほろりと砕けて香ばしさが広がる。甘さも控えめだが、和三盆糖を使った特製麦落雁はいっそう上品な味わい将軍家にも度々献上され、その後も全国菓子博覧会はもとより国際菓子博覧会でも数々の賞を受賞。店は長く館林藩主・秋元家の御用菓子司を務め、明治以降も一子相伝で麦落雁の味を守り続けて今に至る。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
全国五つ星の手土産

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071676
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 全国五つ星の手土産>関東>群馬県    >    麦落雁[三桝屋總本店]

A D

全国五つ星の手土産について
料理記者歴50年の岸朝子が全国津々浦々の土産銘菓を,伝統,味,地元定着度,地元推奨度,全国的知名度などの観点から厳選して紹介する,まさに日本国民必携の永久保存版手みやげ大全。
この言葉が収録されている辞典

 5つ星の手土産


  • 【辞書・辞典名】5つ星の手土産[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】3,024
  • 【収録語数】368
  • 【発売日】2008年8月
  • 【ISBN】978-4487801350










この書籍の関連アプリ

 アプリ


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
App store


全国五つ星の手土産

全国五つ星の手土産

  • 定価:960
  • 岸朝子監修。全国の土産銘菓を、伝統・...>>続く
Google Play

関連辞典
全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産 全国五つ星の手土産