見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・19日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から11日
    ┗「霜降」まで4日
    先勝
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 中国菜 老四川 飄香【ちゅうごくさい ラオシセン ピャオシャン】


香りで食べる王道の四川料理





都内でも屈指の人気店である。繁華街から離れた住宅地にありながら、オーナーシェフ井桁良樹さんの作り出す香り高い四川料理を求める人々で連日満席。昼夜ともに2週間前には予約を入れて訪ねたい。

店名の「老四川 飄香」は井桁さん曰く「昔の四川省が漂い香る」という意。その言葉のままに店内に染み付いた香辛料の匂いにのっけから食欲をそそられる。半オープンキッチンの席に着くと「トントントン」「ジューッ」と、いかにもおいしそうな音と香りが漂ってきて、この時点でほとんどの人が狂おしい空腹感を覚えるだろう。

オリジナル麻辣醤を使った四川名物よだれ鶏、20種類近い香辛料味付けする悪大王のスペアリブなど、香りと旨みが一体化した料理は、四川の王道を実感させるものばかり。それまで経験したことのない食の楽しさに舌が踊る。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の中国料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071151
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京五つ星の中国料理>四川料理>渋谷区    >    中国菜 老四川 飄香

A D

東京五つ星の中国料理について
東京を代表する福臨門,全聚徳,銀座楼蘭,赤坂離宮,横浜中華街を代表する聘珍楼,萬珍樓,招福門など,素材と伝統の技が冴える中国料理の老舗,名店を岸朝子が厳選。いまだかつてなき中国料理店ガイドブック。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の中国料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の中国料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2009-11-01
  • 【ISBN】978-4-487-80339-2










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の中国料理

東京五つ星の中国料理

  • 定価:360
  • 中国料理店ガイドブックアプリ。東京を...>>続く
App store


関連辞典
東京五つ星の中国料理 東京五つ星の中国料理 東京五つ星の中国料理 東京五つ星の中国料理 東京五つ星の中国料理