見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・7月(文月/July)
    ・22日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「小暑」から15日
    ┗「大暑」まで1日
    先勝
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:19
    月名(旧歴日):寝待月(ねまちづき)/臥待月(ふしまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 浅草 三浦屋【あさくさ みうらや】


大衆値段で楽しむ心意気の味





値段設定が大衆的なだけに、懐具合に合わせ心置きなくフグ料理を楽しめる。扱うフグはトラフグはじめショウサイフグやマフグほか天然ものばかり。締めてから36時間ほど置いて甘みが増した食べごろのフグを、引き置き(あらかじめ刺身に造っておくこと)せずに注文ごとに柵で引く。合わせるポン酢も自家製だ。11月に1年分、1升瓶300本もの橙を搾って地下倉庫に保存し、この橙汁に醤油と酢を加えて、その日使う分だけ毎日ポン酢を作る。

値段は大衆的、でも仕事は真摯なこの店は、築地の仲買人だった三浦國男さんが昭和38年に開業。現在は長男の清一さんが二代目を継いで板場に立ち、先代は仕入れと仕込みを担当している。店舗正面、開業時の店があった跡地に建つ神輿蔵からは、平成元年完成の自家神輿がどっしりと店を見守っていてたのもしい。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の魚料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071053
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 東京五つ星の魚料理>フグ料理>台東区    >    浅草 三浦屋

A D

東京五つ星の魚料理について
寿司をはじめ、ふぐ・あんこう・まぐろ・あゆ・くえ・かになどの各専門店,日本各地の旬の地魚を味わえる郷土料理の店など,東京の魚料理の老舗・名店を,各店自慢のお酒とともに厳選して紹介。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の魚料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の魚料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2008-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80247-0










関連辞典
東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理