見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・7月(文月/July)
    ・22日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「小暑」から15日
    ┗「大暑」まで1日
    先勝
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:19
    月名(旧歴日):寝待月(ねまちづき)/臥待月(ふしまちづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 はまぐり【はまぐり】


品書は隅から隅まで貝、貝、貝





ふるさと下関を後に、すべて日本料理の高級店ばかり三十数軒で修業を積んで、昭和47年に独立・開業する際、主人の矢儀仁明さんは「はて、何の店にしようか」迷ったという。そこで東京の電話帳をひっくり返してみたところ、貝の専門店は1軒もないことに気づく。「これで決まり」と、めでたくはまぐりが誕生した。

主人が「貝以外何もない店は、日本でここだけ」と自負するとおり、品書には(ホヤを除いて)貝ばかり。一日最低25種、年間では50種の貝がそろう。だから刺身盛合せのサザエ・帆立・赤貝・アワビ・青柳・平貝・北寄貝・エゾボラ・ミルクイなどは、ラインナップのほんの一部だ。

手間と工夫を加えた料理も自慢。そのトップ3が小柱の揚げギョーザ・みそ玉やき・姫さざえ エスカルゴ風。初めてなら、このどれか一つでもまずは食べてみないと。

【出典】 東京書籍(著:岸 朝子/選)
東京五つ星の魚料理

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14071048
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:味処 へいじ  佐賀 雑穀  大分郷土料理 とど  すし匠  

   



A D

東京五つ星の魚料理について
寿司をはじめ、ふぐ・あんこう・まぐろ・あゆ・くえ・かになどの各専門店,日本各地の旬の地魚を味わえる郷土料理の店など,東京の魚料理の老舗・名店を,各店自慢のお酒とともに厳選して紹介。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の魚料理


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の魚料理[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】岸 朝子/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】
  • 【発売日】2008-12-01
  • 【ISBN】978-4-487-80247-0










関連辞典
東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の魚料理