見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・19日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から12日
    ┗「小雪」まで3日
    先負
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:11
    月名(旧歴日):十日余りの月(とおかあまりのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 江戸平【えどへい】


谷崎潤一郎ゆかりの店





昭和7年(1932)に総武線のガード下に店を構え、戦後、目と鼻の先の現在地に移った。3代目の主人・田中満治さんは壁に視線を向け「あの色紙は昭和16年に谷崎潤一郎さんが書いてくれました」と、にこやかに話す。谷崎は戦前戦後を通じてこの店を贔屓にした。色紙には「空を行く 電車の下にかヾまりて 油にしみて くふうまさかな」と綴られている。

俳優の片岡千恵蔵や市川右太衛門、落語家の柳家小さんらも馴染み客だったという店ながら、木造モルタル2階建ての造りはいたって大衆的。値段も高くない。いかにも下町っ子らしく気さくな人柄の店主夫婦と、ほがらかな娘さんの3人で切り盛りしている。

天ぷらは、ふっくらと軽く揚げる江戸前。4~10月には関東では珍しい、琵琶湖産の鮎の天麩羅が味わえる。琵琶湖の鮎は湖だけで育つため小振り。9月下旬からひと月は子持ち鮎になる。11月中旬~2月の鱈の白子天麩羅も評判がいい。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京五つ星の鰻と天麩羅

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070786
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:満る善  天扇(閉店)  土手の伊勢屋  天扶良からくさ  

   



A D

東京五つ星の鰻と天麩羅について
鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎,天麩羅のみかわ,山の上,近藤,天政,中清など,都内と近県の102の老舗・名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の鰻と天麩羅


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の鰻と天麩羅[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】102
  • 【発売日】2007-07-01
  • 【ISBN】978-4-487-80161-9










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
App store


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
Google Play

関連辞典
東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅