見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・17日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から10日
    ┗「小雪」まで5日
    先勝
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 明神下 神田川支店【みょうじんした かんだがわしてん】


うなぎとすっぽんの二枚看板





名店の誉れ高い明神下神田川本店(12頁参照)が暖簾分けした店は、東京と京都にわずか1軒ずつ。「神田川支店」を名乗るのは、抜群の業師にのみ許された、いわば免許皆伝の証だ。その東京の一軒が大正7年(1918)創業のこの店。初代の息子2人が2代目を継ぎ、現在は2代目の子どもたち、初代の孫に当たる2人が3代目を受け継いでいる。こうして創業以来の、いかにも一族経営らしい家族的な雰囲気は今も変わらない。

創業のころは旧国技館の御用達的な店として知られ、その後も名横綱千代の山、栃錦らと親交を重ねるなど角界との繋がりが深かった。国技館が再び両国に戻ってきた現在は、相撲見物帰りのなじみ客が足繁く訪れる関東大震災や先の戦災を潜り抜けてきた相伝のたれ、蒸す前の白焼きに丹精を込めるなどたゆまぬ職人の技が、長く顧客の心をつかんできた。

うなぎと並んですっぽん料理が人気だ。この二枚看板とも、初代の力量を今もしっかり伝えているのはさすがといえよう。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京五つ星の鰻と天麩羅

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070731
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:川千家  うなぎ 魚政  千代福  かぐら坂 志満金  

   


  1. 東京五つ星の鰻と天麩羅>鰻の名店厳選40軒>墨田区    >    明神下 神田川支店
  1. ◆「明神下 神田川支店」の関連ワード

  2. 川千家

  3. うなぎ 魚政

  4. 千代福

  5. かぐら坂 志満金


A D

東京五つ星の鰻と天麩羅について
鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎,天麩羅のみかわ,山の上,近藤,天政,中清など,都内と近県の102の老舗・名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。
この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
App store


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
Google Play