見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 五代目 野田岩【ごだいめ のだいわ】


こだわりの天然うなぎを味わう





創業160年余。明治9年(1876)発行の東都食通番附で前頭筆頭を張ったほどの確かな腕を受け継ぐ店、天然うなぎを食べられる店として知られる。天然うなぎが激減したことなどもあり、当時野田岩より上位にいた店はその後何軒も廃業しているから、味を受け継ぐことの難しさがしのばれる。

「うちの特徴は代々、当主本人が仕事をすること」と5代目の金本兼次郎さん。この言葉どおり代々の主人はみずから早朝に起きてうなぎを割いて、今では都内に2軒、パリに1軒と店を広げてきた。一方で「お客さまの満足のための努力は惜しまない」と天然うなぎにこだわり、その確保に東奔西走した。

かつて現当主は、天然ものを入手できない冬場は14年間も店を閉めていた。現在は、非漁期(11月下旬~4月上旬)には上質の養殖うなぎを、それ以外の時期は霞ヶ浦や利根川、九州有明産などの天然ものを使用している。家伝のたれが自慢のうなぎに過不足なくなじんで、香り、味とも申し分ない。

【出典】 東京書籍(著:見田盛夫/選)
東京五つ星の鰻と天麩羅

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070711
    0
    しおり
  •      
  •      




   



A D

東京五つ星の鰻と天麩羅について
鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎,天麩羅のみかわ,山の上,近藤,天政,中清など,都内と近県の102の老舗・名店を料理批評家・見田盛夫が厳選。
この言葉が収録されている辞典

 東京五つ星の鰻と天麩羅


  • 【辞書・辞典名】東京五つ星の鰻と天麩羅[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】見田盛夫/選
  • 【書籍版の価格】1,728
  • 【収録語数】102
  • 【発売日】2007-07-01
  • 【ISBN】978-4-487-80161-9










この書籍の関連アプリ

 アプリ


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
App store


東京五つ星の鰻と天麩羅

東京五つ星の鰻と天麩羅

  • 定価:360
  • 鰻の石ばし,色川,宮川,野田岩,安斎...>>続く
Google Play

関連辞典
東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の鰻と天麩羅