見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ブダイのべっこうずしに大喜び



なかでもブダイ料理は感激ものだった。べっこうずしは醤油とみりんの汁に漬け込んだ身をネタにすしをにぎったもの。ヅケにすることでもちもちした歯ざわりに変わり、一段と風味を増す。白身がべっこう色に変わるからべっこうずし。また、島ずしとも呼ばれる。
ブダイのあんかけは1尾のまま油で揚げ、ニンジンやサヤエンドウなど野菜入りのあんをどっさりとかけてある。油で揚げることで白身にコクを増し、あんと魚、野菜との絶妙な相性を生み出す。ほくほくとした白身を無心に食べ尽くすのみだった。新鮮だから匂いも感じない。ブダイのつっこし汁は式根島の伝統料理。味噌汁に魚の頭も骨も「つっこした」(突っ込んだ)一品だ。ほのぼのとした風味に仕上がっていた。誰です? ブダイはまずい魚なんて、無責任なこといい出したのは。
「ふだんはキンメ料理が主体なのですが、今朝は海がシケていたので、磯魚のブダイが中心になりました」と実知子さんがすまなそう。いやあ、海がシケたのを心から感謝しました。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070637
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ブダイのべっこうずしに大喜び

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本