見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼志津川だけ(?)の伝統料理「ひらもの」



三陸海岸南部の志津川(しづかわ)町では、正月の膳にババガレイが並ぶ。その漁師町で民宿「松波荘」を経営する漁師の阿部孝義さんはこう教えてくれた。
「ここらは魚が豊富だから、ナメタが特別にうまいとは思わないけどなあ。理由はおれにもわからないけど、ここらでは昔から正月には必ず食べることになっているんだ。料理も独特だなあ。ナメタを天日に干して、いろいろな野菜と一緒に醤油味で煮るんだ。この料理を『ひらもの』と呼んでいる。もっとも、若い世代では漁師でも正月に食べない人はいるよ。伝統がすたれるのは残念だけど、正月のナメタは高価だから仕方ないともいえるね」
ぼくの取材の限りでは、宮城県の広い海岸線でも、「ひらもの」という興味あるババガレイ料理を受け継いでいるのは、ここ志津川だけである。ほかの浜では、いわゆる煮付けを正月料理の一つとして並べている。あるいは以前は「ひらもの」だったのが簡素化されて煮付けになったのかもしれない。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070613
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼志津川だけ(?)の伝統料理「ひらもの」

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本