見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼たくさんの異名を持つカレイ



標準和名のババガレイ通り名であるとずっと思い込んでいた。だって婆のカレイなんて、あまりに失礼ですよね。もっとも、名が体を表してはいる。目のある側は暗褐色、あるいは赤褐色で、形も数も色も不明瞭な暗色の紋が浮き出て、どことなくきたならしい。体表の粘液はほかのカレイよりもたっぷり。唇は厚く、どことなくしまらない。太ってぼってりしている。
奇妙な姿からか、変わった地方名が多い。広く知れわたっているナメタガレイの名は、もともと東北の呼び名。体表のネバネバがいかにもなめられたように見えるからだ。東北ではウバガレイと呼ぶところもある。乳母ではなくて姥であろう。茨城ではダルマガレイ、あるいはダルマビラと呼んだりする。北海道ではブタガレイの名もある。ぼってりした様子がブタに似ているからにちがいない。山形ではアワフキ、山陰ではシャボンと呼ぶ。トロ箱で運ばれるとき、体表のヌルヌルが泡立つことによる。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070611
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼たくさんの異名を持つカレイ

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本