見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・19日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から13日
    ┗「大寒」まで1日
    先勝
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:13
    月名(旧歴日):十三夜月(じゅうさんやづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼山陰ではタレクチ、瀬戸内海ではホオタレの名がある



下あごが短く、上あごしかないように見えるため、カタクチイワシ片口鰯)の名がある。ごく親しみのある魚の一つでもあり、各地でいろいろな名前で呼ばれている。関東ではセグロ、あるいはセグロイワシ。背が黒いからだ。山陰ではタレクチ、瀬戸内海ではホオタレ。開いた下あごがたれているように見えるからだ。東京周辺ではヒシコイワシ、略してシコイワシという。塩蔵した魚を醤(ひしお)と呼んでいたから、それから転じたのだろう。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070560
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼山陰ではタレクチ、瀬戸内海ではホオタレの名がある
  1. ◆「▼山陰ではタレクチ、瀬戸内海ではホオタレの名がある」の関連ワード

  2. ▼田作とごまめの語源は?

  3. ▼氷見ブリの産地は氷見イワシの産地でもある

  4. カタクチイワシ

  5. 片口鰯


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。