見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・19日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から12日
    ┗「処暑」まで4日
    先負
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼地方名は愉快なものばかり



皮を剥(は)いでから料理にかかるためカワハギの名がある。その皮は鮫皮の代用として、ワサビおろしに使われるほどざらざらしている。第一背ビレが退化して1本の頑丈な角になり、オスの第二背ビレは糸状に長く伸びる。姿が変わっているから、各地に愉快な通り名が多い。関西や広島ではハギ、あるいはハゲと呼ぶ。居酒屋で「ハゲの薄作り!」と注文するときは、周囲を見回してからお願いします。和歌山県ではバクチ、あるいはバクチウチ。皮を剥がれるのが、身ぐるみ剥がれる博打に通じるからだ。島根県浜田でメンポ、伊豆や伊勢ではギンパ、壱岐(いき)ではカワムキ。高知県のツノハゲ、鹿児島県のツノコは、頭部の角からこう呼ばれるのだろう。なお英語ではファイルフィッシュ。ヤスリの魚を意味する。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070498
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼地方名は愉快なものばかり
  1. ◆「▼地方名は愉快なものばかり」の関連ワード

  2. ▼皮を一気に剥ぐ。快感!

  3. ▼伝統漁法のがま口漁を体験

  4. カワハギ

  5. 皮剥


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本