見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・15日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から8日
    ┗「処暑」まで8日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:3
    月名(旧歴日):三日月/初月(ういづき)/月の剣
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼マンボウは浜みんなのものだった



マンボウは水面に横になってぽっかりと浮き、まるで昼寝でもしているようなときがある。漁師はこれを見つけると、モリを突いたり、手カギで引っかけて獲る。かつて全国の浜の多くでは、マンボウだけは獲った漁師一人のものではなかった。理由はわからないけれど、浜みんなのものだった。そのことをぼくに最初に教えてくれたのは、千葉県勝浦の漁師だった。
「つい先ごろまで、ここでもみんなで分けていた。沖でマンボウを突くと、無線で浜に連絡する。入港すると、漁師の家族が包丁と鍋を持って浜で待っている。それでめいめいに身と肝を切り分けて持っていくんだ」
浜で食べてしまうから、マンボウは魚屋に並ぶ魚ではなかった。そんな昔からの浜の習慣がなくなってきたのだろうか、最近では店先でよく見かけるようになった。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070464
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼マンボウは浜みんなのものだった

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本