見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼皮がカリッ、白い身がプリッ



ボウアナゴ焼き物にかぎりますよ」といって、澤木さんの奥さんが焼いてくれた。「うちでは口を切り落として、二つか三つに切ってから焼きます。こんがり焼けたところで、食べやすい大きさに切って、おろし醤油と一緒に食べるんですよ」。
やがて野性的な香ばしさが部屋中に充満してきた。目の前に出されたのは、ぶつ切りアナゴならこんな形だろうと思える一品。香ばしさはウナギに勝り、プリプリした食感はアナゴどころではない。皮のカリッとした歯ざわりは痛快でさえある。脊椎の代わりをつとめる脊索が、ぷつんぷつんとした歯ごたえで愉快でもある。男鹿の居酒屋で人気のつまみだけのことはある。「見た目見た目ですから、最初はみなさん敬遠しますが、それでもおそるおそる試食した人は、みんなおいしいといいますよ」
ボウアナゴ漁の最盛期は6月から10月までだが、居酒屋では7月から8月にかけてが圧倒的な人気だ。夏バテ防止の「土用のウナギ」にあやかってのことにちがいない。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070453
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼皮がカリッ、白い身がプリッ

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本