見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から10日
    ┗「処暑」まで6日
    先勝
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼漁師流の料理は大胆かつ簡単



「青森県の西海岸は海が荒れることでよく知られている。だからうまい魚がよけい獲れるんだ。ここらの魚を食べたら、静かな海で獲れた魚は食べられないよ。東京の築地でも、高く取引されているそうだよ。魚がうまいこともあって、このあたりでは魚を煮たり、焼いたりしたら、もったいないといわれてしまう。じゃっぱ汁だけは別だけどな」
と土地の魚を自慢しながら、漁師はソイのじゃっぱ汁を作る手を休めなかった。漁師流だけに大胆そのもの。ウロコ、エラ、ハラワタを手早く取り除き、ソイをぶつ切りにする。頭は兜割りでまっぷたつ。胃袋をタテに切り割いて、中のヌメリを包丁でこそげ取り、きれいに水洗いする。そうしておいて、鍋に水とコンブを入れて火にかけ、煮え立ってきたらコンブを取り出す。まず頭を入れてだしをとる。それから胃袋と身を加える。煮立ったところでおおざっぱにアクを取る。火が通ったら、ざく切りのハクサイと長ネギを加えて、塩で味をととのえる。それだけだ。
北の国の寒さに鼻水をすすりながら、ふつふつと煮えたぎる鍋にいそがしく箸を動かした。そのうまいこと。体の温まること。やっぱり、ソイ料理はじゃっぱ汁に尽きる

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070383
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼漁師流の料理は大胆かつ簡単

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本