見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・17日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から10日
    ┗「処暑」まで6日
    先勝
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼名人のシッタカ漁を見学



伊豆半島先端を占める松崎町の半農半漁小さな集落で取材していて、こういう隠れ里には稀少なシッタカもまだ多く生息していることを知った。ここの民宿のオヤジが自他ともに認める貝獲り名人なのだ。この日もぼくが到着すると、満を持していたように、「磯に行きましょう」。こちらの返事を待たずに、さっそく眼鏡漁の支度にとりかかった。胴長ズボンを身に付け、磯足袋を履き、箱眼鏡と小ノミとタモを用意して、手漕ぎボートに乗り込んだ。沖の堤防にボートを寄せ、持ったタモで岸壁にへばりついている海中の小貝を強引にすくい取る。いくつかはぱらぱらと海中へこぼれるが、多くはタモの中に収まるから効率のいいこと。小貝獲りは海中をのぞき、じっと目を凝らして一つひとつ獲るものだと思っていたので、このときはあっけにとられてしまった。あっという間にシッタカやニシがたくさん穫れた。
オヤジは今度は磯にボートを寄せ、膝の下まで海中に浸かって手を伸ばして岩の下をさぐる。こうして大きなシッタカ十数個を確保した。「大型は塩ゆでにして酒の肴、小さいのは味噌汁だな」とニンマリ。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070363
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼名人のシッタカ漁を見学

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本