見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・14日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から7日
    ┗「処暑」まで9日
    仏滅
    ・十支:(つちのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:2
    月名(旧歴日):二日月/繊月(せんげつ)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼雪の降る頃がマダラ漁の最盛期



日本近海のマダラは茨城県以北の太平洋側、島根県以北の日本海側に生息する。夏季は深場に、冬季は浅場に移動する。マダラ漁はその冬季の産卵時期を狙って、底曳網、延縄、刺し網などの漁法で行われる。漢字で「鱈」と書くのは、雪の降る頃がマダラ漁の最盛期だからであろう。
タラの語源は背面と体側に多くの不定形の斑紋、すなわちマダラ模様があり、このマダラのマが略されたと考えられている。またフトハラ(太腹)の意味という説もある。なお、よく知られていることではあるが、タラコはマダラの卵ではなく、スケトウダラの卵である。マダラの卵は真子とよばれ、煮付けや和え物に利用されることが多い。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070304
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼雪の降る頃がマダラ漁の最盛期
  1. ◆「▼雪の降る頃がマダラ漁の最盛期」の関連ワード

  2. ▼矢鱈、鱈腹、出鱈目の語源はマダラにある

  3. ▼鱈は馬の息でも煮える

  4. マダラ

  5. 真鱈


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本