見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼煮たり焼いたりしたらもったいないじゃけん



清水サバは立縄漁という釣りで漁獲される。「ウキ」と呼んでいる小さなバケツほどの大きさの発泡スチロールに15~20メートルの道糸をつなぐ。その途中にナス型の中オモリを結び、幹糸に20本前後の枝糸と針を結ぶ。エサは短冊切りのサバや一尾のままのマイワシ。先端のオモリには太さ1センチ、長さ2メートル前後の太い針金を代用する。この仕掛けをいくつも流して、魚がかかるのをウキの動きで見て取り込む
立縄漁の出港は午前0時。1時間ほど沖合に走り、各漁師が思い思いの漁場を確保して、しばらく時間待ちをする。午前3時ぴったりに全員同時に漁を開始する。釣り上げたゴマサバは温度調節可能な生簀に放りこみ、午前9~10時に帰港すると、ただちに漁港に設置されている活魚槽へ移して生かしておく。
そう、清水サバは活魚として、あるいは生き締めにして運ばれ、刺身で食べられる高級魚なのである。とれたてを煮たり、焼いたりしたらもったいないじゃけんということだ。「ここらでは刺身はゴマサバにかぎり、マサバは刺身にしてはいかんといわれている」という人もいるのである。土地が変われば料理法も変わり、実に興味深い。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070256
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼煮たり焼いたりしたらもったいないじゃけん

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本