見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・21日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から14日
    ┗「処暑」まで2日
    大安
    ・十支:(きのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼焼きガキなどカキ産地の伝統料理



「カキむき小屋ではこれをよく食べます」といって、畠山さんが焼きガキを作ってくれた。といってもストーブの上に殻ごとのカキをのせるだけ。やがてジュウジュウと音をたてながらカキの汁が沸騰すると、ヤットコで上の殻を取りはずす。身をつまんで、フーフーいって口に放り込む。海水のほどよい塩味が絶妙な調味料になって、軽いながらも深みのある味に仕上がっている。またたくまに数個が胃袋の中に消えていった。
次はカキの上の殻を取り除いて、味噌をのせて焼く。味噌とカキの相性がまことによろしい。さらにカキ鍋と、カキむき小屋の晩餐は続いた。「ここらのカキ鍋は、カキ以外のダシは一切とりません」と畠山さん。その鍋をのぞくと大きなカキがどっさり。これならほかのダシは必要ない。具はほかに白菜と豆腐、シメジだけ。味つけは塩だけなのに、海の幸と里の幸の渾然一体となったその汁の味には、感心するばかりだった。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070250
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼焼きガキなどカキ産地の伝統料理

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本