見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・18日
    ・土(Saturday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から11日
    ┗「処暑」まで5日
    友引
    ・十支:(みずのえ)
    ・十二支:(うま)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼殻の中に含まれるホヤの汁が隠し味



なにしろ奇怪な姿だから、殻ごとのホヤを入手しても初めての人は困ってしまうだろう。ホヤは次の手順で下おろしする。殻の上下の端を切り取ってから、殻ごと縦に切る。中の身を殻から引きはがし、内臓とフンを取り除いて真水で洗う。ホヤはキュウリの薄切りを浮かべた酢の物にすることが多く、歌津町の人たちはこのとき産地ならではの隠し味を使う。殻の中に含まれるホヤの汁を酢に少量加えるのだ。「こうするとホヤ独特の香りを楽しめるよ」という。
歌津町にはホヤ料理を得意としている民宿が何軒かあり、ゆでホヤやてんぷらなどの浜の味を楽しめる。そのなかで家庭でも簡単に作れるホヤ雑炊をぜひ紹介しておきたい。おかゆにホヤの身を加えて混ぜ合わせ、塩で味をととのえるだけ。煮えすぎないうちに火からおろして、熱いうちに食べること。うっすらとピンク色に染まったホヤ雑炊は、えぐみと甘みを含んだほのぼのとした味わいで、ほかのホヤ料理ほどくせがない(と思う)。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070145
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼殻の中に含まれるホヤの汁が隠し味

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本