見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・13日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から6日
    ┗「処暑」まで10日
    先負
    ・十支:(ひのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:1
    月名(旧歴日):新月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼春の珍味「ノレソレ」はアナゴの稚魚



岩の穴に隠れているときもあってアナゴの名で呼ばれるようになったが、普段は砂の中に埋まっていることが多い。アナゴの生態はよく解明されていない。黒潮を南下して産卵することまではわかっているが、ふ化してからどこで成長するのかがまだ不明なのだ。仔魚はウナギと同様のレプトセファルス幼生。無色透明で柳の葉に似ている。
春になると10センチ前後に成長したアナゴの稚魚が、太平洋岸各地で漁獲され、高知県ではこれをノレソレと呼び、酒の肴として珍重する。姿のままを酢味噌で舌にのせると、ぬるっとした感触と海の香りを残してのどごしがいい。なお日本近海のアナゴの仲間には、マアナゴ、オキアナゴ、クロアナゴ、ギンアナゴの種類があり、われわれが単にアナゴというときはマアナゴを意味する。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070073
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼春の珍味「ノレソレ」はアナゴの稚魚

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本