見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2019年(平成31年/)
    ・1月(睦月/January)
    ・16日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「小寒」から10日
    ┗「大寒」まで4日
    仏滅
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(うし)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼ゆでケガニのおいしい食べ方



雄武町の漁師にケガニの上手な選び方を聞いてみた。「一般的には大きいほうがよいとされるが、土地の人は小さくて身が詰まっているケガニを選ぶよ。大きいのは味がおおざっぱだ。甲羅がきれいなのは若ガニで、ミソは少ないが身は甘い。甲羅の周りが黒くなったケガニは、ここではアブラガニといわれて、カニミソが少ないな」
せっかく大金をはたいてケガニを買っているのに、消費者はおいしく食べていないというのが産地の声だ。「ゆでた冷凍毛ガニをゆで直して食べる人がほとんどだね。これではうまみが全部出てしまう。自然解凍して食べるにかぎるよ。どうしてもすぐに食べたいときは、塩を入れた熱湯で2~3分ゆでるだけ。これだとさほど味が変わらない。電子レンジで温めるのは問題外だね」。
あなた、まさか、電子レンジ派ではないでしょうね。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070023
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼ゆでケガニのおいしい食べ方

A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本