見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・8月(葉月/August)
    ・15日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立秋」から8日
    ┗「処暑」まで8日
    大安
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:3
    月名(旧歴日):三日月/初月(ういづき)/月の剣
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ▼呼子流「アラカブの味噌汁」の作り方



フランス人はカサゴを材料にしたブイヤベースがお気に入りである。清楚淡泊な味を持つカサゴは、洋の東西を問わず珍重されているけれど、佐賀県の呼子(よぶこ)ほどカサゴ好きな土地はほかにあるまい。ここではカサゴをアラカブと呼び、味噌汁に一尾のまま利用する。「アラカブの味噌汁」では小さめのカサゴを選び、ウロコとエラ、ハラワタを取り除く。取り出した胃袋を包丁で縦に割(さ)いて、内側のぬめりを包丁でこそげ取り適当な大きさに切り、これも味噌汁加える。大きめの椀に汁を入れ1尾のままのアラカブを飾る。尾ビレが椀からはみでてもかまやしない。ほかは青ネギを散らすだけで、アラカブの風味を損なわないようにする。呼子流アラカブの味噌汁は容易に作れそうだが、難題が一つある。土地の漁師いわく「今まで生きていたカサゴしか使わない」。鮮度が落ちると格段に味が落ちるというのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京書籍)
旬のうまい魚を知る本

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14070011
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 旬のうまい魚を知る本>>    >    ▼呼子流「アラカブの味噌汁」の作り方
  1. ◆「▼呼子流「アラカブの味噌汁」の作り方」の関連ワード


  2. カツオ

  3. ▼カサゴだしを利用する料理2品

  4. ▼古くは「瘡子」と書いていた


A D

旬のうまい魚を知る本について
いつ、どこで、どの魚がうまいのか?魚をおいしく食べるために知っておくべき知識を日本全国の漁師町を巡り、絶品魚料理を漁る魚狂、野村祐三が伝授。 鮨屋、レストランなどで魚を語れる人になるためのバイブル。
この言葉が収録されている辞典

 旬のうまい魚を知る本


  • 【辞書・辞典名】旬のうまい魚を知る本[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京書籍
  • 【書籍版の価格】1,836
  • 【収録語数】650
  • 【発売日】2002年8月
  • 【ISBN】978-4487797776










関連辞典
旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本 旬のうまい魚を知る本