見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・14日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から6日
    ┗「霜降」まで9日
    友引
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(う)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 野球【やきゅう】


「ベースボール」を最初に「野球」と訳したのは、正岡子規ではない



日本国内の野球は、学生野球で産声をあげた。第一高等中学校(現・東京大学)に講師として招かれたアメリカ人よって、学生たちに教えられ、一部の学生たちが熱心にゲームをしたのである。もちろん当時は「ベースボール」として楽しんでいた。それが「野球」という日本語への翻訳されたのは、あの正岡子規によるという説がいわれている。子規は一八八三(明治一六)年に、四国の松山から一高入学をめざして上京している。一高時代にベースボール親しむようになり、病に倒れるまでキャッチャーとしてゲームをしていたという。彼は「ベースボールの歌」と題する歌九首を詠んだり、日本初の野球小説を書いたりしているほど野球に傾倒していたから、いかにもありそうな話である。しかし、その子規が一八九六(明治二九)年に書いた随筆のなかに「ベースボールいまだかつて訳語あらず」と書いているのに対して、それより二年前に「野球」という言葉を用いていた人物がいる。第一高等中学校チームで二塁手を務めていた中馬庚だ。中馬は、卒業にあたって自分たちが活動したベースボール部の部史を残すことを考えた。そのとき、ベースボールにふさわしい訳語として、野原でやるボールを使ったゲームというので「野球」と命名した。ほかにもバットから連想して「棒球」、塁を進んで点をとっていくことから「塁球」という候補もあったらしい。子規が訳者だと誤って伝えられたのは、彼が本名の「升(のぼる)」をもじって「野球(のボール)」という雅号を使っていたこととの混同といわれる。しかし、子規が故郷の松山をはじめ野球の普及に大きな影響を与えたことは事実で、これを理由に彼は二〇〇二(平成一四)年に野球殿堂入りしている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820912
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:野球カード  屋久島  焼肉  八重洲  

   


  1. 雑学大全2>趣味>スポーツ    >    野球
  1. ◆「野球」の関連ワード

  2. 野球カード

  3. 屋久島

  4. 焼肉

  5. 八重洲


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2