見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(み)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 八重洲【やえす】


東京駅のお膝元「八重洲」の地名の由来は、オランダの航海士



八重洲というと、東京駅の八重洲口を連想するが、八重洲は東京駅東側一帯をさす地名でもある。八重洲の名は、江戸時代、この一帯に居を構えた人の名からついた。しかし、その人は日本人でない。オランダ人のヤン=ヨーステン・ファン・ローデンスタインである。ヨーステンは、オランダ人の航海士で、一六〇〇(慶長五)年、イギリス人のウィリアム・アダムスとともに豊後に漂着。後に徳川家康に招かれ上京して、幕府の外交や貿易の顧問や通訳として貢献した。その働きに対して、幕府から拝領したのが八重洲地域。そこで、この地域をヨーステンの名の「耶楊子」から「やよす河岸」と呼ばれるようになり、その後、八重洲町となった。現在のように「八重洲」になったのは、一九五四(昭和二九)年のことである。八重洲通りの中央分離帯には、地名の由来となったヨーステンの記念碑がある。ちなみに、当時の八重洲地域は、もっと皇居の近くにあった。明治の頃までは、丸の内に行くには外濠を渡らなくてはならず不便だったため、一八八四(明治一七)年に八重洲橋がかけられた。その後、東京駅を拡張するときに、外濠は埋められてしまい、八重洲橋もその役目を終えた。ちなみに「丸の内」の由来だが、これは江戸城の周り、丸の内側にあることからついたものだ。江戸時代、江戸城を中心として対極をなした「丸の内」と「八重洲」地域は、現在では東京駅を中心として、オフィス立ち並ぶ「丸の内」、デパートショッピングセンターが並ぶ商業地域「八重洲」として、それぞれの発展を遂げているというわけである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820910
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:焼肉  野球  モンテネグロ  モンスーン  

   


  1. 雑学大全2>地理>場所    >    八重洲
  1. ◆「八重洲」の関連ワード

  2. 焼肉

  3. 野球

  4. モンテネグロ

  5. モンスーン


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2