見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ポパイ【ぽぱい】


ポパイのパワーの源は、最初はキャベツだった!



アメリカの人気漫画『ポパイ』では、主人公ポパイが悪者と戦う前に必ずホウレン草の缶詰を食べる。すると不思議なことにモリモリと力が湧いてきて、すぐにパワーアップする。ところが意外なことに、この漫画が最初に登場したときには、ポパイ主人公ではなく、ホウレン草も食べていなかった。ポパイはあくまで脇役で、相棒が投げたキャベツを食べたところ怪力が出たという設定だったのだ。その後、ポパイキャラクターは子どもたちに人気となり、ポパイ主人公へと変わっていった。一九三三年には短編アニメ映画シリーズにもなり、ますますメジャーになった。それにつれて問題になったのが、ポパイパワーの源のキャベツ。敵と戦うというのに、相棒はわざわざ一個玉のキャベツをいつも持参しているのかと疑問視された。そこで、携帯に便利でどこにでもあるものといった条件から、ホウレン草の缶詰に変更になったのである。ちなみに、ポパイのホウレン草の缶詰エピソードには、もう一つ興味深いものがある。キャベツにしてもホウレン草にしても、ポパイパワーの源は野菜だ。肉食がメインの西欧の文化圏にしては意外ではないだろうか。これは古代ギリシアの哲学者ソクラテスの思想によるものだという。ソクラテスは、肉を得るために人は戦い動物を殺すから、菜食主義を貫けば闘争本能が抑制されるとして、菜食主義を掲げたのだ。しかし、世間ではなかなかこの思想が浸透しなかったため、全米菜食家協会では、主人公パワーアップに野菜を使って広報してはどうかとの意見が出た。そこから生まれたのが、ポパイの野菜によるパワーアップだったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820819
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:盆踊り  ポンコツ  ホットドッグ  ポッキー  

   


◆関連最新まとめ


  1. ◆「ポパイ」の関連ワード

  2. 盆踊り

  3. ポンコツ

  4. ホットドッグ

  5. ポッキー


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2