見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・12月(師走/December)
    ・13日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「大雪」から6日
    ┗「冬至」まで9日
    大安
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:24
    月名(旧歴日):鎮静の月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 冷奴【ひややっこ】


冷奴の「やっこ」は、大名行列の先頭を歩いている人のこと



冷やした豆腐を大きめの直方体に切り、ネギやショウガ、ミョウガ、鰹節などの薬味を添えて食べる「冷奴」。簡単にできて、食欲がなくなる暑い夏にもツルリと食べられる一品だ。この「冷奴」、別名「奴豆腐」などとも呼ばれるが、豆腐と奴とはどんな関係があるのだろうか。「奴」とは、江戸時代、大名や武家に雇われて雑用をこなしした人をいう。大名行列などで、「槍持奴」として槍を振りながら先頭を歩くこともあった。この奴さん、トレードマークとして着物の筒袖のところに「白くて四角い」紋を大きく染め抜いていた。そこから、白い豆腐を四角く切って食べる料理を「奴」というようになった。冷やした豆腐を四角く切っているから「冷奴」、湯豆腐にすると「湯奴」、または豆腐がアツアツになるので「熱奴」などともいわれた。冷奴は、江戸時代の頃にはすでに広く知られた料理法であった。また、食材を大きく四角に切ること自体を「奴に切る」ともいう。同じ四角に切る切り方でも、「奴切り」は「大きく」切るというのがミソ。一センチ角ぐらいの大きさになってしまうと「賽の目切り」になる。さらに小さくなって五ミリ角ほどのサイズになると、「霰切り」となる。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820747
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 雑学大全2>生活>食べ物    >    冷奴

A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2