見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・19日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から11日
    ┗「霜降」まで4日
    先勝
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ハト【はと】


首を振り振り歩く理由



鳥が苦手だというわけではないのに、「ハトだけは嫌い」という人がよくいるのだが、その理由を聞くと、歩くときに無表情で首を前後に振っているのが気持ち悪いのだそうだ。ニワトリも同じように首が動くが、確かによく見てみると非常に不自然で不気味な感じがする。なぜ、あんなふうに首が動いてしまうのだろう。実は、ハトは首を前後に動かしているわけではなく、正しくは、「体を前に進める動作」と「首を前に突き出す動作」の繰り返しである。体を前に出すとき、首は元の位置に止まっているので、流れのなかで前後に首を振っているように見えてしまうのだ。なぜそんな動作をしているのかということでは諸説があり、景色が後ろに流れていくのに合わせて首を振っているという視覚的なものが原因であるという説、平衡感覚ををつかさどる内耳が関係しているという説、足を動かすと連動して動いてしまうという連動説などだ。鳥の生態などの研究が進められて、現在では、ハトの首振りは視覚的なものが原因で、首を止めているときは、物をよく見ていたり、頭を瞬時に移動させて目標のものを立体的に捕らえたりするためにおこなわれていると考えられているという。では、タイミングはどうなのかというと、東京大学の藤田祐樹氏によれば、ハトの歩行の画像を重心の動きを関連させてビデオ解析したところ、ハトの首振り一回は足の一歩に対応しており、後ろに残した片足を上げて重心が反対足に乗ると首を固定し、上げた足を前に踏み出して重心が移動するときにグーッと首を前に突き出すことがわかったという。一度、ハトになったつもりで試してみてはいかがだろう。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820712
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:パトカー  鳩ぽっぽ  初夢  初詣  

   


  1. 雑学大全2>生物の不思議>鳥類    >    ハト
  1. ◆「ハト」の関連ワード

  2. パトカー

  3. 鳩ぽっぽ

  4. 初夢

  5. 初詣


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2