見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・19日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から11日
    ┗「霜降」まで4日
    先勝
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 猫ふんじゃった【ねこふんじゃった】


踏んだのは猫ではなく、ノミ?



ピアノを前にすると、とりあえず『猫ふんじゃった』を弾いてみるという人は多い。この『猫ふんじゃった』、実は国によってまったく違うタイトルを持つという愉快な曲なのだ。ドイツでは『ノミのワルツ』、フランスでは『カツレツ』、デンマークでは『王女の両足』、スペインでは『チョコレート』、ハンガリーでは『ロバのマーチ』、ロシアでは『犬のワルツ』、キューバでは『アヒルの子たち』、メキシコでは『お猿さん』、アルゼンチンでは『愚か者のポルカ』など、どうしたらそこまで違ってしまうのかというほどに違う。このミステリーに魅せられ、一五年以上も研究している人がいる。都内でピアノ教師をしている宮本ルミ子さんがその人。きっかけは輸入楽譜店でたまたま手にした『猫ふんじゃった』の楽譜だった。しかし、ドイツ語で書かれたタイトルは『ノミのワルツ』。それから世界各国の楽譜を集めはじめ、現在では二六の曲名があることがわかっているという。曲名のパターンとしては、猫や犬など動物が入っているもの、箸はしにまつわるもの、食べ物が入っているもの、デンマークの『公爵夫人』のように人にまつわるものなどである。マジョルカ島の『追い出しポルカ』のように、いずれにも当てはまらないものもある。なぜ同じ曲でこうもタイトルが違うのか謎は深まるが、残念ながら理由は不明である。また、この曲の作曲者や作曲年代にも諸説あり、そのうちの一つが、一八九六年にドイツ人作曲家のフェルナンド・ローによって作曲されたという説。タイトルの『FLOH WALZER(ノミのワルツ)』は、フェルナンドのイニシャル・Fと苗字の音をつなげて「FLOH」にしたのではないかという。実際のところは、作曲者も作曲年代もいまだに不明。日本語版のタイトルと歌詞についても、詳しいことはわかっていない。『猫ふんじゃった』のミステリーはまだまだ続く。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820675
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:鼠小僧  年賀はがき①  ネコの頭脳  ネコ②  

   


  1. 雑学大全2>趣味>音楽    >    猫ふんじゃった
  1. ◆「猫ふんじゃった」の関連ワード

  2. 鼠小僧

  3. 年賀はがき①

  4. ネコの頭脳

  5. ネコ②


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2