見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ジレンマ【じれんま】


「ジレンマ」は二枚、「トリレンマ」は三枚の板の「板ばさみ」



二つの事柄の間にはさまれて、どうにも動きがとれなくなることは誰にでもあることだろう。一つの問題に対して同時に二つの答えが目の前にある場合、それらが互いに矛盾し受け入れがたい状態であることを「ジレンマ」というのだが、この言葉はもともとギリシア語から生まれたものである。それは、「ジ(二重の)レンマ(仮定事項)」という意味で成り立っている。この言葉が日本以外にも世界中で引用されるようになったのは、矛盾し受け入れがたいものが世の中にあふれているからだろう。ところが、近年では二つの事柄だけでなく、一つ増えた「トリレンマ(三重苦)」や、さらにもう一つ増えた「クアトリレンマ(四重苦)」という言葉も使われはじめている。トリレンマについては、一九七〇年以降の「インフレ」「失業」「国際収支赤字」に直面したアメリカをあらわすのによく使われ、現在は、「経済の発展」「資源、エネルギーの確保」「環境の保全」はそれぞれ対立しているため、同時に達成はできない「トリレンマ問題」としてよくとりあげられる。さらに身近な例としては、「リストラ」「仕事量増大」「賃金は上がらない」というサラリーマンにも当てはまろうか。クアトリレンマは、前述した内容をさらに複雑にしたものであるが、さしずめ中国の言葉でいうなら「四面楚歌」という状態だろう。しかしながら、ジレンマだけで間に合わなくなったのは、世の中が複雑になったのが原因といえるのだろうか。それとも、決断力のない人間が増えてきたからなのだろうか。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820436
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:四六時中  白殺し  シルエット  四稜郭  

   


  1. 雑学大全2>生活>コトバ    >    ジレンマ
  1. ◆「ジレンマ」の関連ワード

  2. 四六時中

  3. 白殺し

  4. シルエット

  5. 四稜郭


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2