見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2017年(平成29年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・16日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から8日
    ┗「霜降」まで7日
    仏滅
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(ね)
    月齢:25
    月名(旧歴日):二十五夜(にじゅうごや)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 サンタクロース①【さんたくろーす】


なぜサンタクロースは煙突から入ってくるのか?



クリスマスイブの夜に、トナカイの引くソリに乗ってやってくるサンタクロースは、贈り物を持って暖炉の煙突から入ってくる。このサンタクロース像は、一七世紀にアメリカ大陸に移住したオランダ人たちが、故郷アムステルダムの守護聖人だった聖(セント)ニコラウスを、新天地に築いたニュー・アムステルダムの守護聖人にしたことから生み出されたものだ。ニュー・アムステルダムとは、現在のニューヨークである。聖ニコラウスは、四世紀頃に実在したトルコ(東ローマ帝国)の司教で、オランダ語では「シンタクラース」という。それが「サンタクロース」の語源なのだが、彼には有名な伝説がある。自分の教区の貧しい家で、三人の娘を抱えて苦労している父親がいるのを知った彼は、ある夜こっそり家を訪ね、煙突から三枚の金貨(金塊とも)を投げ入れた。その金貨のおかげで一家は救われるのだが、投げ入れた金貨がたまたま暖炉のそばに干してあった靴下の中に入ったという伝説である。この伝説からサンタクロースは煙突からやってくることになるのだが、それがいまのようなクリスマス行事と結びついたのは、後にニューヨークを手に入れた英国系移民たちが、クリスマスの日に父親が子どもたちに贈り物をすることを慣習にしたからだ。一九世紀半ばに書かれた聖ニコラウスにまつわる詩に感動した何人かの絵本画家たちが、自分たちなりの聖ニコラウス像を添えて世に問い、それが現在のサンタクロース像と子どもに贈り物をする慣習をつくりあげたといわれている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820364
    0
    しおり
  •      
  •      




   


◆関連最新まとめ


  1. 雑学大全2>そーだったんだ!>フィクション    >    サンタクロース①
  1. ◆「サンタクロース①」の関連ワード

  2. サンタクロース②

  3. サン=テグジュペリ

  4. 三大洋

  5. 三蔵法師


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2