見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・21日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から13日
    ┗「霜降」まで2日
    先負
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 カント【かんと】


時計がわりにされていた!?徹底した規則正しい生活



東プロイセンの首都ケーニヒスベルクに生まれカントは、一八世紀末に『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』三部作を刊行。人間の物事に対する判断や行動に関して新しい方向から光をあて、現代哲学にまで大きな影響をおよぼした。人間の認識に関して新しい見方を定義したカントは、その行動の基本を道徳に置くことを唱えたが、彼の生活習慣は、まるでその実践でもあるかのようだった。体のなかに時計があるかのごとく、起床から就寝までの一日を、実に規則正しく送ったというのだ。睡眠は欠かさず毎日七時間とり、朝の五時に起床。朝食にはコーヒーを二杯飲んでタバコを吸い、教鞭を執る大学へ出勤するまでは机に向かった。大学では、午前中に講義をおこない、講義のないときは研究に没頭した。そして昼になると、昼食を時間をかけてとり、休息時間が終わると一人で午後の散歩に出かけた。午後の三時半になると大学を出て散歩に向かうため、ケーニヒスベルクの街の人たちは、彼の姿を見て時計を合わせたといわれるほど規則的だったという。そして夜は一〇時に就寝した。子どもの頃、病弱だったため、規則正しい習慣を身につけて克服したと伝えられているが、終生変わることのない生活リズムを貫き通したそうだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全2

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 14820206
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:乾物  巌流島  ガンディー  缶詰  

   


  1. 雑学大全2>ヒトの不思議>人物    >    カント
  1. ◆「カント」の関連ワード

  2. 乾物

  3. 巌流島

  4. ガンディー

  5. 缶詰


A D

雑学大全2について
浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は尽きまじ。新たな1000項目で帰ってきた,知的好奇心をそそる雑学の集大成第2弾。
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全2


  • 【辞書・辞典名】雑学大全2[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487801305










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
App store


雑学大全2

雑学大全2

  • 定価:480
  • 浜の真砂は尽きるとも,世に雑学の種は...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2 雑学大全2