見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・14日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から7日
    ┗「小雪」まで8日
    仏滅
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ムカデ【東京雑学研究会編】


§ムカデの足は本当に一〇〇本あるのか?



ムカデは漢字で「百足」と書く。さて、実際にこの虫には一〇〇本の足があるのだろうか。それとも、とても多いことの単なる比喩的表現にすぎないのだろうか。
日本でムカデといえばトビズムカデかアオズムカデのことである。このトビズムカデは日本では最大の種類で全長が一五センチもある。ただし、注目の足は四二本しかない。
ムカデの体は頭と胴からなり、頭には一対の触角がある。足は胴についているのであるが、一対の足を両側に持つ胴節が多数ある。
少ないもので胴節は一五、足は三〇本、多いもので胴節は一七七、足はなんと三五四本もあるのだ。つまり、ちゃんと一〇〇本以上もの足があるのだ。ただし、実際に一〇〇本足のムカデは見つかっていないのだとか。
「百足」と書くのは、やはり足が多くあることに対しての当て字である。地方ではハガチとか、ムカゼなどと呼ばれ、毘沙門天のお使いだという信仰もあり、鞍馬寺ではムカデを尊ぶ。関東では赤城山の神ムカデの姿をして現れたという伝説があり、赤城神社の鳥居にはその姿が彫刻されているということである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670918
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>生物の不思議>昆虫    >    ムカデ

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全