見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・19日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から11日
    ┗「霜降」まで4日
    先勝
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 本家【東京雑学研究会編】


§「本家」「元祖」「本舗」はどう使い分けたらよいのか?



よく商店の名前やその店の代表的な商品につけられている言葉、「本家」「元祖」「本舗」。なんだか老舗であることを自己主張しているようだ。
例えば、観光地などを訪れると、おみやげ物屋にその土地の名物と称して、御餅や和洋折衷のさまざまなお菓子が並んでいる。ある店で一つ見つけた後、二、三軒先の店でよく似たものに出会い、一体どこがどう違うのかと、戸惑った経験のある人は多いと思う。
そこで看板に目をやると、「・・本家」とか「・・元祖」、「・・本舗」と、その店の歴史と伝統と自己主張のオンパレード。中には「総本家・・」というのもある。
「本家」「元祖」「本舗」にそれほど厳然とした区別はないようであるが、一応商習慣として、使い分けられている。
本家とは、一門一族の中心である大元の家筋・家元・宗家ということで、その品を最初に売り出した店。元祖とは、最初にその品を作った人のこと。本舗とは、最初にその品を作り、同時に商品として売り出したところ。つまり、製造発売元である。
どんなに区別しようと、買い手にとっては、商品の質がよければそれでよいといいたいところだが、やっぱりわかりにくい。
これでは、商標をめぐって、「本家」と「元祖」と「本舗」が、争いをくり返した歴史が一つならずあったのも、うなずける。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670887
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:本の奥付  埋葬  ホワイトハウス  ホワイトチョコ  

   



A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全