見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・18日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から11日
    ┗「小雪」まで4日
    友引
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(とら)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 発泡酒【東京雑学研究会編】


§発泡酒とビールはどこが違うのか?



低価格だから、外ではビール、家では発泡酒と飲み分ける消費者も多いとみえ、二〇〇二(平成一四)年度の家庭で消費された酒類別の割合は、ビールが六三%なのに対し、発泡酒は九六%にもなる。では、発泡酒が安いのはなぜだろう。
最も大きいのは酒税だ。
酒税法では、麦芽を原材料の六六・七%(三分の二)以上使ったものをビール、それに満たないものを発泡酒としている。発泡酒の中でも、麦芽率二五%未満の酒は最も税率が安くなっていて、現在日本でつくられている発泡酒のほとんどがここに分類される。
さらに、原料に麦芽以外の米やコーンスターチなどを使ってコストを減らした分が、価格の安さに反映しているわけだ。ほとんど広告を行わないことで価格を下げたことをアピールする、ユニークな商法さえ出てきた。
麦芽が少ないだけに、ビール特有の味わいでは引けを取る。だが、その代わりに原料の自由度は高いから、各社とも工夫を凝らして新製品の開発には力を入れている。
麦芽の原料である大麦を使う、あらかじめ糖化したデンプンを麦芽のみの麦汁とミックスさせる、熟成方法を工夫する、海洋深層水を使うといった味へのこだわりだけでなく、痛風の原因になるプリン体カットしたり、カロリーを控えたりして健康に訴える商品も多い。これからも、消費者には楽しみな開発競争が続くだろう。
しかし、大きな反対にもかかわらず、発泡酒の税金は三五〇ミリリットルあたり一〇円もアップした。そのため、発売以来右上がりだった発泡酒の出荷量は、はじめて前年比マイナスを記録している。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670766
    0
    しおり
  •      
  •      




   


  1. 雑学大全>生活>飲み物    >    発泡酒

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全