見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ノアの方舟【東京雑学研究会編】


§「ノアの方舟」はこんなに大きかった!



神が人類を救ってくれる象徴である「ノアの方舟」。人類が堕落し、大洪水がすべてを流しさるとき、ノアだけが家族や動物と一緒に避難することを許された。その乗り物が「ノアの方舟」である。
旧約聖書』によれば、方舟はノア自らが作ったもので、アカシアの木を使い、その大きさは長さ三〇〇キュービット、幅五〇キュービット、高さ三〇キュービットと表現されている。
このキュービットだが、エジプトやメソポタミアなど古代オリエントで使用されていた単位で、地方や時代によって長さがさまざま。例えば、バビロニアでは一キュービットは今でいう五三一ミリ、アテネでは五二二ミリ、ペルセポリスでは四八七ミリであった。
どうして、こういう誤差が生まれたかといえば「一キュービット」の単位が、ファラオの曲げた肘から中指先端までの長さだったからである。そのために、ファラオが交代するたびに、キュービットも変化した。
ノアの方舟」を現代の大きさで正確に表すのは無理だが、おおざっぱに計算すると、長さ一三五メートル、幅二三メートル、高さ一四メートルである。ノアが一人で作ったにしては、あまりに巨大な船なのである。
お話によくありがちなデフォルメなのだろうが、確かに人も、一つがいずつのさまざまな動物も乗ったとなると、このくらいの大きさは必要だったかもしれない。
神話や聖書はとにかく大スペクタクルドラマなのである。さすがに、方舟の言葉のイメージどころではない大きな船だったのだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670749
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:  脳のしわ  ネロ  熱帯低気圧  

   


  1. 雑学大全>社会>宗教    >    ノアの方舟
  1. ◆「ノアの方舟」の関連ワード


  2. 脳のしわ

  3. ネロ

  4. 熱帯低気圧


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全