見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・20日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から13日
    ┗「小雪」まで2日
    仏滅
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 日本酒の仕込み【東京雑学研究会編】


§日本酒が冬に造られるようになった本当の理由



日本酒の仕込みは、真冬の寒い中で行われる。米の収穫が秋だし、酒造りの職人である杜氏が、季節労働者として蔵元に雇われていることを考えると、今では当たり前のように感じられる。
しかし、冬の酒造りは「寒造り」といって、江戸時代に入ってから始まった習慣である。
本来の酒は、神事や先祖祀りの行事のたびに仕込み、供物とされたものだ。四季に応じて気候が変わるため、春酒、夏酒、寒酒など、季節に応じた酒の醸造技術も、中世の頃までに進歩し、その時々でうまい酒造りを行ってきたのだ。
それが冬に限られるようになったのは、江戸幕府の農業政策によるものだった。米には凶作、不作の年があるが、秋の刈り入れ後なら、その年の米のできに応じて酒造りにまわしても食糧不足を起こさないですみ、米の量を決めることができるのである。
いわば作柄に影響されない米価安定のための政策である。
さらに江戸時代も中期になると、もろみから絞ったあとの酒を、発酵が進んで酢にしてしまわないように貯蔵する技術も発達した。これにより、酒の仕込みは冬に限るというシステムが整ったのである。農閑期出稼ぎ杜氏が誕生したのも、この政策による寒造りが定着した結果でしかない。
それ以来、一二月から二月頃までの、寒い時期に酒を仕込む習慣が根づき、今も継続しているというわけだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670726
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:日本人  日本地図  日本酒  日本銀行券  

   


  1. 雑学大全>生活>飲み物    >    日本酒の仕込み
  1. ◆「日本酒の仕込み」の関連ワード

  2. 日本人

  3. 日本地図

  4. 日本酒

  5. 日本銀行券


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全