見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 鳥居②【東京雑学研究会編】


§神社にある鳥居がどれも赤いのはどうして?



日本の神社で赤が使われるのは中国の影響である。神社などで使われているのは、赤といっても黄色味がかった朱色であり、中国の寺院の伽藍には朱色が好んで使われていた。
その理由は、朱色が尊い色とされていたからで、普通の家の門でも朱色に塗ってある家は家柄の良い家だったのだ。
朱色が使われたのは、古来より赤は火に通じる色とされ、毎日必ず昇ってくる太陽の色であり、人間が流す血の色であることから、神聖な色であると同時に、悪霊が入ってくるのを防ぐ力があるとされていたからである。
これは東洋だけでなく、西洋でも同じ。原始の時代から人々は生の証として人間の血や動物の血を神々に捧げ、霊の世界や神々の世界の怒りを抑えようとしてきたのであり、やがて血の色である赤には、魔除けや開運など、呪術的な力が込められるようになったのである。
また、朱色は水銀の硫黄の化合物なので、防腐作用がある。こうした理由から神社の鳥居によく使われているのであり、日本の古墳遺跡から、朱色に塗られた埋蔵品や槍などが次々に発掘されているのも、防腐作用があるからこそ今にその姿を留めているとも言えるのだ。
中国では古来から朱の護符を厄除けとして貼る風習もあり、日本でもこの風習は真似をされていた。現代では護符は少なくなったけれど、証書や書類に朱印を押すのは、権威を示し、保証をするという意味があるからである。印鑑用の朱肉の色も、同様の意味があって使われているというわけである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670695
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:鳥と電線  トリュフ  鳥居①  鳥②  

   


  1. 雑学大全>社会>宗教    >    鳥居②
  1. ◆「鳥居②」の関連ワード

  2. 鳥と電線

  3. トリュフ

  4. 鳥居①

  5. 鳥②


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全