見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 地名【東京雑学研究会編】


§日本に存在する不思議な地名



変わった地名は数々存在すれど、宮崎県川南町にある「トロントロン」という地名は横綱級かもしれない。日本の地名でありながら、その語感は外国語のようであり、片仮名で書くところもすこぶる珍しいのである。
どうして、こんな名前がついてしまったのだろうか。
一八七七(明治一〇)年のこと。西郷隆盛を中心とした旧薩摩藩士たちは、明治政府と正面から衝突。反政府暴動として西南の役が勃発した。
熊本県の田原坂で、官軍に敗れてしまった西郷軍は、鹿児島を目的地として南へ南へと敗走していた。高千穂から延岡を経由して、この地を通ったときに、戦いに疲れ果てていた西郷隆盛の耳に、泉からわき出る水の音が「トロントロン」と響いたという。
政府との対立、それに対する反発、そして、意を決しての反乱……。今でいえば戦争で荒れた西郷の心を、水の優しい音は癒してくれたのだろう。その耳に鳴り響いた「トロントロン」という音がそのまま地名になったという説がある。
そのほかにも、江戸時代、参勤交代一休みした一行が、この泉からトロトロとわき出る水を口に含んだところ、あまりのおいしさに驚いてこの名前がついたという説もある。「トロトロ」の水がやがて「トロントロン」と呼ばれるようになったというのである。
いずれにしても、トロントロンは、美しい水の音。癒しの地名なのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670612
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:茶色  チャンチャンコ  痴呆  乳房  

   


  1. 雑学大全>地理>場所    >    地名
  1. ◆「地名」の関連ワード

  2. 茶色

  3. チャンチャンコ

  4. 痴呆

  5. 乳房


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全