見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 乳房【東京雑学研究会編】


§女性の胸が豊かなのはどうしてか?



人間の女性の豊かでふくよかな胸。子どもは、そのような母の胸に顔をうずめ、おっぱいを飲み、安心できるし、大人の男性にとっても、大いに魅力ある部分だ。自然の造形としても、その美しさが類まれなことは、ギリシアの昔から、絵画や彫刻などの芸術作品となって、多くの人々を感動させてきたことでも理解できる。
子どもに授乳するのが役割の乳房。人間以外の哺乳類のメスにももちろんそなわっている。しかし、腹部にちっちゃな乳首が並んでいるだけ。イヌやネコしかり、チンパンジーゴリラのメスも大差はない。
妊娠して、赤ん坊生まれる頃にふくらみ、授乳が終わる頃にはまたもとのように縮小する。
ところが、人間の乳房はどうだろう。思春期の頃からふくらみを増し、ふくよかになっていく。妊娠、出産、授乳期にさらにおおきくなることはあっても、縮小することはない。
四つ足で歩行する動物たちは、お尻に鼻を近づけてかぎあっているのを見てもわかるように、性器によって相手を確認する。発情期に紅潮したメスの生殖器とそれが発する匂い、臀部の筋肉のふくらみ。これらは、オスをひきつけ興奮させる、性のシンボルなのである。
ところが人間は、直立歩行を始め、顔を向き合わせて生活するようになった。もう目の前にあるのは、人類の女性の臀部の豊かなふくらみではない。
そこで、それに変わるものとして、豊かにふくらんだ乳房を目の高さに近いところに並べた。そうすることで、男性をひきつけるようになったという。女性の胸のふくらみの九〇%を占めるのは脂肪とのこと。授乳のためにぜひ必要ともいえないものをまとい、セックスアピールのために、装飾的に存在している乳房。
これは、れっきとした動物学者たちの言い分である。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670610
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:痴呆  地名  チノパン  知能検査  

   


  1. 雑学大全>ヒトの不思議>男と女    >    乳房
  1. ◆「乳房」の関連ワード

  2. 痴呆

  3. 地名

  4. チノパン

  5. 知能検査


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全