見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・14日
    ・水(Wednesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から7日
    ┗「小雪」まで8日
    仏滅
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 地図帳【東京雑学研究会編】


§地図帳のことをどうして「アトラス」というのか?



地図帳とは、一定の大きさにまとめられたたくさんの地図を書籍の形に編纂したものである。欧米ではこれをアトラスと呼び、日本でもそのまま外来語としてアトラス名付けられている。
さて、このアトラスという名前の由来はなんなのだろうか。
最初に、地図帳に「アトラス」という名前がつけられたのは、一六世紀に地図学者メルカトルが手掛けたものを息子であるルモルトが完成させたときである。『アトラス│宇宙学者の考察』とタイトルがつけられ、イラストが描かれていた。そこからきた呼び名アトラスだったのである。
ちなみに、アトラスとはギリシア神話の登場人物である。テイターンという巨神族の一人で、ゼウスを倒そうと神々と戦うも、破れてしまった男だ。神に逆らった彼は罰せられ、世界の西の果てに送られて一生天を支える柱を背負うことになったという。
それで、アトラスはそこから名付けられたという説があるのだが、イラストに描かれていたのは地球を支える男、アトラスではなく、手に地球儀を持つ男だった。どうも、このモデルになったのは、人類で最初に地球儀を作製したといわれるリビアの王、アトラスだったようである。
いずれにしても、これをきっかけに地図帳アトラスと呼ばれるようになったことだけは間違いない。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670607
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:知能検査  チノパン  地磁気  地球の自転  

   


  1. 雑学大全>趣味>書籍    >    地図帳
  1. ◆「地図帳」の関連ワード

  2. 知能検査

  3. チノパン

  4. 地磁気

  5. 地球の自転


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全