見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・13日
    ・火(Tuesday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から6日
    ┗「小雪」まで9日
    先負
    ・十支:(つちのと)
    ・十二支:(とり)
    月齢:5
    月名(旧歴日):五日月(いつかつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 地磁気【東京雑学研究会編】


§北枕で寝ると血行がよくなる?



遺体を寝かせておくときの向きと定められているのが「北枕」だ。仏教でのしきたりとして古くから行われてきたもので、ブッダが入滅したとき、頭を北に置き、足を南に伸ばして、背中は東側、西に面を向けていたという『大般涅槃経』の一節に基づく
北枕はお釈迦さまと同じ姿で、死者に西方浄土へ渡ってもらおうという遺された者たちの、祈りの行為だったのである。
これを縁起が悪いとして、頭を北にして寝るのをいやがる風習が生まれたが、また一方では「頭寒足熱」といって、頭を涼しく足を暖かくしておくと安眠できて健康にもいいと言いならわされてきた。これに従うなら、日当たりが悪く昼間でも温まりにくい部屋の北側に頭を置いたほうがよさそうだ。
人間が身を置いている地球の磁場からみても、地磁気が北から南に向かっているから、北を枕に寝ると、それに沿って人間の血行もよくなり、安眠が得られるということもできる。
ブッダの死に際エピソードにしても、彼同様の高い徳を身につけた人物になれるようあやかる気持ちでみれば、北枕は健康にも精神にもよく、縁起の悪いことなど一つもなさそうだ。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670606
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:地図帳  知能検査  地球の自転  地球の重さ  

   


  1. 雑学大全>社会>宗教    >    地磁気
  1. ◆「地磁気」の関連ワード

  2. 地図帳

  3. 知能検査

  4. 地球の自転

  5. 地球の重さ


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全