見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・11月(霜月/November)
    ・15日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「立冬」から8日
    ┗「小雪」まで7日
    大安
    ・十支:(かのと)
    ・十二支:(い)
    月齢:7
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 地球の重さ【東京雑学研究会編】


§地球の重さの正しい測り方



人間の体重なら体重計に乗ればすぐに測れるし、象やトラックだって、今の技術力を持ってすれば重さぐらいは簡単に測ることができる。でも、もっとどんどん大きくなって、秤に乗せられないものを測るのは大変なことだ。それが地球ともなれば、もちろん秤で測ることなんてできないし、重さを知ることは不可能としか思えない。
なのに、地球の重さは、「六×一〇の二四乗キログラム」であると判明しているのである。これは一体どうやって測ったのだろうか。
この膨大で不可能とも思える計測を可能にしたのはニュートン。「物体はその質量に比例した引力で、ほかの物体を引っ張る」という「万有引力の法則」によって弾き出された数字なのである。
実際にどうやるかといえば、重さ一グラムの物体と砲丸を用意し、まずは地球の表面に置かれた一グラムの物体に働く地球の引力を測る。その上で一グラムの物体に対する砲丸の引力を調べるのである。その結果、地球の引力が砲丸の引力のX倍だったとすれば、地球の質量は、砲丸の重さのX倍だということになるわけである。
この理論をもとに、実際に実験して計測に成功したのは、一八世紀末イギリス物理学者で科学者のヘンリー・キャベンディッシュだ。ニュートン没後五八年目のことで、計測する方法を生み出したニュートンは、自分では地球の重さを知らないままこの世を去ったのである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670604
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:地球の自転  地磁気  地球②  地球①  

   


  1. 雑学大全>学校じゃ教えてくれない?!>単位    >    地球の重さ
  1. ◆「地球の重さ」の関連ワード

  2. 地球の自転

  3. 地磁気

  4. 地球②

  5. 地球①


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全