見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・19日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から11日
    ┗「霜降」まで4日
    先勝
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 ソメイヨシノ【東京雑学研究会編】


§ソメイヨシノは江戸生まれ!?



サクラは日本の国花でもあり日本人に最も愛されている花の一つ。学校の校庭にも必ずといっていいほどサクラの木は植えられている。
中でもサクラといえばその代表格は、ソメイヨシノがあげられる。ソメイヨシノというと、大和・吉野が原産地と思いがちだが、実際は違う。
江戸時代、巣鴨の染井に住んでいた植木職人が、生みの親なのだ。
この植木職人、日頃からとても研究熱心だったらしく、ソメイヨシノはどうやらオオシマザクラとエドヒガンを掛け合わせて誕生させたようだ。
はじめは、このサクラ、花の名所である大和・吉野山の名をとって「吉野」として売り出した。
花は一躍人気ものになり、江戸中に広まったが、「吉野」という名はまぎらわしいということになり、巣鴨の染井村の名前をとって現在の「ソメイヨシノ」と呼ばれるようになったのだ。
さてこのサクラ、唯一残念なことといえば花の開花期間がとても短いことだろう。開花時期は、一週間前後といったところだ。しかし、薄いピンクの花が木全体を埋め尽くして咲く姿には、言葉ではいい尽くせない美しい風情がある。
また、散りぎわもみごとだ。
春の風にさらされて散る花びらが桜吹雪となって舞う姿は、優雅であり潔くもある。
染井の植木職人のおかげで、今では、日本中でこの美しいソメイヨシノの花景色を楽しむことができる。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670552
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:ソムリエ  空①  速球  ソクラテス  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>植物    >    ソメイヨシノ
  1. ◆「ソメイヨシノ」の関連ワード

  2. ソムリエ

  3. 空①

  4. 速球

  5. ソクラテス


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全