見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・18日
    ・木(Thursday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から10日
    ┗「霜降」まで5日
    赤口
    ・十支:(みずのと)
    ・十二支:(ひつじ)
    月齢:9
    月名(旧歴日):上弦の月/弓張月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 葬式②【東京雑学研究会編】


§葬式のとき、山盛りのご飯にお箸を立てるのはなぜ?



亡くなった人の枕元には、ご飯を茶碗に山盛りにし、そこにお箸を突き立てたものを置く。これは、仏教で「枕飯」または「一膳飯」といい、死者だけに供えられる習慣である。
ご飯を高々と盛り上げ、そこにお箸を突き立てるのは、ふだんの食事では決して見られない光景である。
子どもの頃、ご飯にお箸を突っ込んだまま放っておいたりすると、年配の人に「それは死んだ人のご飯よ」「縁起でもない、行儀が悪い」と叱られた記憶はないだろうか。
この習慣は、死者は息を引き取ると、すぐに善光寺などの霊山参りに出かけるので、道中の弁当として持たせてやるためだといわれている。
また、ご飯の魅力で、死者を呼び戻したいという気持ちの現れだという説もある。
ほかにも、ご飯を高々と盛り上げるのは、昔の身分の高い人の日常の食事の盛りつけであり、死者のためにそれを模したという説もある。
いずれの理由にせよ、人が亡くなったら、ぐずぐずしていないで、ただちに用意しなくてはならない。
宗派や地方によって、さまざまなやり方があり、浄土真宗では不要とされているが、そのほかの宗派では、小机に白い布を敷き、死者がふだん使っていた愛用の茶碗にご飯を高々と盛り上げ、そこにお箸を二本、垂直に突き立てるのが一般的である。
残された者の食事とは別に、玄米を死者の分だけ取り分け、家の外にあるかまどで炊くのが正式とされている。
お箸を突き立てるのも、これは死者のためだけの食物であり、残された者が食べたりしないようにとの意味だという。
野辺送りの際は、葬式を執り行う施主の妻がこれを持って棺に従い、棺とともに埋めることもある。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670546
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:葬式③  僧侶  葬式①    

   


  1. 雑学大全>社会>社会    >    葬式②
  1. ◆「葬式②」の関連ワード

  2. 葬式③

  3. 僧侶

  4. 葬式①



A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全