見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・21日
    ・日(Sunday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から13日
    ┗「霜降」まで2日
    先負
    ・十支:(ひのえ)
    ・十二支:(いぬ)
    月齢:12
    月名(旧歴日):十二日月
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 注連縄①【東京雑学研究会編】


§注連縄のルーツは?



日本の正月飾りの一つに注連縄がある。
注連縄の「シメ」とは、「占める、占有する」という意味であり、神様のいる神聖な場所への立ち入りを禁ずる境界のしるしとして使われていた。
『万葉集』に収められた額田王の歌、「あかねさす 紫野行き標野行き 野守は見ずや 君が袖振る」の「標野」は、朝廷が狩りをするために、立ち入りを禁じた場である。
注連縄が張られているといえば神社だが、古代においては、神域の周囲全体に、ぐるりと注連縄が張りめぐらされていたと思われる。その後、神社の建物が整えられ、周囲には玉垣が置かれるようになったが、注連縄はそれ自体に霊力があり、魔除けになると考えられた。
現代でも、神社の建物ばかりではなく、神木や磐座など、神が降りてくるとされる場に、注連縄が張られているのを見ることができる。
また、注連縄は神聖な領域を区別するだけではない。正月に、家々の戸口に注連縄を飾ったり、村の境界に注連縄をめぐらせるのは、悪い者が入って来ることを防ぐためである。
いずれにせよ、内と外の境界を示し、外部から不浄の者が入ってくるのを禁ずるものである。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670434
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:注連縄②  シーメンス事件  四万十川  シマウマ  

   


  1. 雑学大全>地理>場所    >    注連縄①
  1. ◆「注連縄①」の関連ワード

  2. 注連縄②

  3. シーメンス事件

  4. 四万十川

  5. シマウマ


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全