見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・19日
    ・金(Friday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から11日
    ┗「霜降」まで4日
    先勝
    ・十支:(きのえ)
    ・十二支:(さる)
    月齢:10
    月名(旧歴日):十日夜の月(とおかんやのつき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 注連縄②【東京雑学研究会編】


§韓国にも注連縄がある!



韓国にある、「禁縄」は、わらを左縒りにない、紙や帛、枝葉を吊すという姿形で、日本の注連縄と多くの共通点を持っている。重要な祭祀の場や、子どもの出産後には、韓国では禁縄を張りめぐらせる。
韓国の家庭では、子どもの出産から三週目までは、サムシンハルモニと呼ばれる産神婆を祀る期間とされているが、その間、家の門や戸口に禁縄を張りめぐらす。そして、産まれたのが男児なら、禁縄に唐辛子や木炭を、女児なら紙や松葉、木炭を吊して、不浄な者の侵入を防ぐと同時に、火や食物の持ち込み・持ち出しを禁ずる。こうして、産後の母子の安全を祈願したと考えられている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670435
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:シーメンス事件  ジャーナリスト  注連縄①  四万十川  

   


  1. 雑学大全>地理>場所    >    注連縄②

A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全