見出し語 全文検索 [ランダム検索]

  • 今日のこよみ
    ・2018年(平成30年/)
    ・10月(神無月/October)
    ・15日
    ・月(Monday)
    ・二十四節気
    ┣「寒露」から7日
    ┗「霜降」まで8日
    先負
    ・十支:(かのえ)
    ・十二支:(たつ)
    月齢:6
    月名(旧歴日):六日月(むいかづき)
気づいた点・不具合・要望など、何でもひとことくださいませ



※返信が必要な場合は問い合わせフォームへお願いします 送信

 再生生物【東京雑学研究会編】


§切り取った体の一部からもとの体に再生できる生物がいる?



体を二つに切られても、そこから再生・繁殖することができる生物がいる。これが、アメーバのような単細胞生物なら珍しくはないのだが、プラナリアという、河川や湖沼の水底にすむ生物は、れっきとした卵生の多細胞生物でありながら、極めて再生能力が高く、切り取った体の一部から元の体に再生することができるのである。
プラナリアとは、渦虫綱三岐腸目プラナリア科に含まれる扁形動物の一属名である。プラナリアという名は、ラテン語の「平らな」に由来するもので、最大体長三・五センチ、幅四ミリほどの扁平な虫である。
三角形の頭部の両側には、耳葉と呼ばれる、短い一対の触覚がある。眼は一対、あるいは多くの小眼点を持っているが、視神経が単純で、光の強弱と方向くらいしか見分けられない。口は、腹面のほぼ中央についている。
プラナリア科の種は、すべて淡水に生息しており、池や川の水生植物の上を這っていたり、水底の石の裏にくっついていたりする。
その体をいくつかに切断しても、バラバラにされた部分は生き続ける。そして、数週間のうちに、それぞれの部分から体の全体が再生されて増殖するのである。
しかも、プラナリアは、他者に切断された場合だけではなく、自分でも二つに分かれて、増殖することができる。観察していると、胴の一部分がくびれてねじ切れ、やがて再生して二匹になるのである。
プラナリアは、雌雄同体の生物で、卵巣や精巣などの生殖器官もちゃんとあるのだが、その一方で、このように分裂して、増殖することもできるのである。
また、プラナリアの頭部を縦に裂くと、半分割された頭が、それぞれ再生して、二つの頭を持つプラナリアができる。同じように、尾の方を縦に裂くと、尾が二本あるプラナリアができる。体の一部を切り取って、別のプラナリアに移植して、双頭や双尾のプラナリアを作ることもできる。
日本各地の川などに広く生息しているナミウズムシは、かつてプラナリア属とされていたが、生殖器官などのわずかな違いから、ドゥゲッシア属に分類されるようになった。しかし、プラナリア科の生物であることには変わりなく、特に再生能力が高いことから、生物形態などの実験によく使われている。

【出典】 東京書籍(著:東京雑学研究会)
雑学大全

JLogosエディター

JLogos編集部

JLogos編集部です。…>>続き

キュレーターページ(外部)

まとめ一覧

プロフィールを見る

プロフィールを閉じる


  • 12670374
    0
    しおり
  •      
  •      



▼お隣キーワード:魚①  魚②  再生紙  再婚禁止期間  

   


  1. 雑学大全>生物の不思議>動物    >    再生生物
  1. ◆「再生生物」の関連ワード

  2. 魚①

  3. 魚②

  4. 再生紙

  5. 再婚禁止期間


A D

雑学大全について
“働きバチは1日6時間しか働かない”,“下手な医者をなぜ「ヤブ」と呼ぶのか?”,“『浦島太郎』のカメはオスかメスか?”……のような知的好奇心そそる雑学の集大成。なんと全1000項目!!
この言葉が収録されている辞典

 雑学大全


  • 【辞書・辞典名】雑学大全[link]
  • 【出版社】東京書籍
  • 【編集委員】東京雑学研究会
  • 【書籍版の価格】2,160
  • 【収録語数】1,000
  • 【発売日】2004年8月
  • 【ISBN】978-4487799473










この書籍の関連アプリ

 アプリ


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
App store


雑学大全

雑学大全

  • 定価:480
  • 「働きバチは1日6時間しか働かない」...>>続く
Google Play

関連辞典
雑学大全 雑学大全 雑学大全 雑学大全